フレンチブルドッグのさんた君、お迎えしていただきました☆

2017.08.14.Mon.16:32
6/3産まれのブリンドル・フレンチブルドッグの次男、名前は「さんた君」になり、お迎えしていただきました
関東からわざわざこんなに遠くの犬舎までお迎えに来ていただきました
見学のときはお嬢様が新幹線などを乗り継ぎ、来ていただきました。
お若いのにすごく行動力がある方だと感心していました
初めてお迎えする子犬ということで熱心に飼い方など聞いていただきました。
「こんな考え方もあるのか」と新しい発見があるので、熱心に聞いていただけると私も嬉しいです
ペット保険にも入っていただき、安心して送ることができました。

長い帰り道、お疲れだったにも関わらず、早速様子をお知らせいただきました
以下お便りの内容をご紹介します

佐藤様、本日はお世話になりました。
引き渡しに際しまして、丁寧なご対応頂きましてありがとうございました。
21時に無事到着いたしました。長旅にもかかわらず、元気いっぱいで、夕飯もあっという間に平らげてしまいました。その様子をお送りさせていただきます。
車の中ではとてもおとなしかったのですが、最後到着間際に車の中でうんちをしてしまい、てんてこ舞いで、いただいたタオルもうんちだらけになってしまいました。
従いまして到着時のトイレは上手くできず、今後どうしつけていこうか考えてしまいます。何かコツがあれば教えて頂ければ幸いです。
ケージに入れた時は、クンクン鳴いてましたが、今はタオルと戴いたおもちゃを抱いておとなしく寝ています。
可愛らしくてついついずーっと見てしまいます。
これからも分からないことが色々とあるかと思いますが、何卒相談に乗っていただきご指導賜れればと存じます。よろしくお願い申し上げます。
メールにて恐縮でございますが、まずは御礼とご報告を申し上げます。失礼いたします。


ウンチ惜しかったね。きっと最後まで我慢していたのかな?
環境が変わってもご飯を残さず食べたということで安心しました

santa170811a.jpg
さんた君を抱っこして皆さん素敵な笑顔です
優しいご家族でよかったね

santa170811c.jpg
新しい綺麗なお部屋、よかったね

santa170811b.jpg

ブリーダーが真夏の輸送禁止期間に子犬を輸送しています。2

2017.08.12.Sat.03:41
kakihakuyu1.jpg

先日投稿した、京都府のKブリーダーがANAが夏場の短頭犬種輸送禁止期間であることを知りながら犬種をアメリカンスタッフォードシャーテリアと申請しフレンチブルドッグの子犬を輸送した件の続きです。
詳しくは下記の投稿を読んでください。

「ブリーダーが真夏の輸送禁止期間に子犬を輸送しています。1」

上記の写真はKブリーダーのホームページからの引用です。
「輸送禁止期間があることを認識していなかった」とは何だったのか?

先日直接Kブリーダーに説得を試みました。
ですが「当犬舎より伊丹空港まで距離がありますため空港への持ち込みも代理人に輸送を依頼しています」と伝えられました。
つまり短頭犬種に詳しいKブリーダー・Aブリーダー・代理人の三人が禁止期間を認識せず、「経緯についてははっきり覚えていないが、輸送可能期間中と同様の手続きで発送できた」という事です。
そして代表のKブリーダーが自社のホームページに書かれている事を知らなかったという事です。
これでまた一段とこの事が起こり得る可能性が低くなりました。

みんなのブリーダーからは「ご連絡いただいた内容が事実であるかどうか客観的に判断できかねましたので、これまでに弊社が確認している内容にて、規約に沿って対応させていただきます」と伝えられています。
Kブリーダーから「みんなのブリーダー様と当方とは本件において現在双方で解決済みの事項と認識しております」と伝えられました。
お互い随分あっさりしていますね。

ANA Cargoに個人情報開示申請があります。それを行えば誰が犬種を何と申請して送ったかわかります。
ですがKブリーダーへ申請に協力して欲しいと伝えましたが断られています。

現在Kブリーダーのホームページにあったはずのブログのリンクが消えています。
一箇所ブログのリンクが残っていますが、なぜかブログを見るのにパスワードが必要になっています。
今回の件に関係あるのかないのか。

近々Kブリーダーとみんなのブリーダーが営業妨害等で私を訴えるそうです。
別々に伝えられましたが、どちらも「営業妨害」という言葉を使っています。
どちらも弁護士に相談をしているという事ですが営業妨害は法律用語ではありません。正しくは「業務妨害」です。
どうしてこんな偶然が続けて起こるのでしょうか。
そしてどうしてこちらの事はお互い熱心に動くのでしょうか。

私はKブリーダーとみんなのブリーダーが今回の件を認めれば、あとは二社で解決する事だと思っています。
それを見届ければ今回の件は全て削除します。

ブリーダーが真夏の輸送禁止期間に子犬を輸送しています。1

2017.08.06.Sun.11:35
7月16日、京都府のKブリーダーは、ANAが夏場の短頭犬種輸送禁止期間であることを知りながら、犬種をアメリカンスタッフォードシャーテリアと申請しフレンチブルドッグの子犬を輸送しました。
受取人は福島県のAブリーダーです。
空港でAブリーダーが代行の対面販売を行い、子犬が顧客に引き渡されました。
この事は、みんなのブリーダーという仲介業者サイトを通して行われました。
伊丹空港に確認した事実です。

今後子犬がこの様な被害に遭わないために、みんなのブリーダーにこの件を報告しました。
厳重注意をするという回答。
Kブリーダーだけに注意? サイト上で注意喚起すれば今後この様なことは起こらないのに。
特に問題としていないと感じました。
それであればと更に詳しく状況を伝えました。ですが返ってくるのは同じ回答です。

それは何故か。
みんなのブリーダーがKブリーダーに今回の件を確認しています。
「輸送禁止期間があることを認識していなかった」
「経緯についてははっきり覚えていないが、輸送可能期間中と同様の手続きで発送できた」
そう回答があったと聞きました。

ブリーダー二人とも禁止期間を知らなかった。
伊丹空港は荷送人に犬種の確認を行っている。それでもフレブルと申請しフレブルとして禁止期間に輸送できた。
つまり、これらのことが偶然重なったということです。そんなこと有り得ません。
ちなみに二人とも短頭犬種メインのブリーダーです。

それからみんなのブリーダーのサポート担当、大関健一さんからこの様な返事がありました。
「第三者の報告は事実を客観的に証明できない」
「証明したいのであれば資料を提出しろ」
「これは不正に入手した情報だ」と。

確かにANA Cargoとの会話は録音などしていません。
ですが私が事実を証明しなければならないというのは可笑しな話です。
ですから「今回の件は御社で行われた取り引きです。御社が第三者ではない当事者の両名へ依頼し、ANAに資料を請求してください」と伝えました。
ですがその提案は無視され、「ご連絡いただいた内容が事実であるかどうか客観的に判断できかねましたので、これまでに弊社が確認している内容にて、規約に沿って対応させていただきます」という答えが返ってきました。

トイプードルのあずき君、お迎えしていただきました☆

2017.08.02.Wed.17:16
レッドトイプードルの5/28産まれの長男、名前は「あずき」君になり、お迎えしていただきました
初めてご家族でお迎えする子犬ということで、熱心に飼い方等聞いてくださいました
ペット保険にも加入していただき、安心してお迎えしていただきました

お迎え後早速様子を教えていただきました
以下お手紙の内容をご紹介します
トイレのしつけについてのやり取りも載せますね。

おはようございます。先週は引き渡しありがとうございました。
その後あずきは混ぜたご飯も残さず、うんちも形あるのしていて一安心です。
夜泣きもせずかえって私達が生きてるのかなって心配になるほどです。
トイレはやはり半々で失敗し、うんちは好きな所でしてしまいますね。
あっという間にトイレが終わっているのでこれから根気よく教えていきたいとおもいます。
いいアドバイスがありましたらお願いします。
ひとつひとつのしぐさが可愛く家族一同メロメロになってます。
これからも責任もって大切に育てたいとおもいます。
大切な出逢いありがとうございました。


夜泣きをしなかったなんてクールだね
さすがお兄ちゃん
トイレの失敗に対してトイレと寝床の場所を逆にするようアドバイスさせていただきました

アドバイス通り逆にしましたらちゃんとベットで昼寝して、トイレはペットシーツで出来るようになりました(^-^)
私達にとってはわずかな距離でもあずきにとっては大きな違いだったのですね。
ありがとうございました。


上手くいってよかったです
意外とこれで上手くいくことが多いんです
「距離」とはご家族との距離のことです。
できるだけご家族の側にいたくてトイレで寝ていたのかもしれません。
それを知った時、思わず「キュンっ」としてしまいますね
他にも涼しいからや、暗いから、明るいからなど、トイレで寝てしまう理由は色々とあります。
トイレの形や質感をトイレと認識しているわけではないのかもしれませんね。

今回は上手くいきましたが、結局しつけは何が正解というのはありません。
成功すれば正解です。
責任逃れではないですが、上手くいかなくても「あいつは嘘つきだ!」なんて思わないでくださいね
ブリーダーの言うことも、本に書いてあることもそれぞれ違います。
その子の個性に合ったしつけの方法を見つけるために、たくさんの人に意見をもらってください

azuki170729.jpg
優しいパパとママにお迎えされてよかったね

tp170528a0728a.jpg

ベルちゃん、お迎えして一年半が経ちました☆

2017.07.18.Tue.16:52
ベルちゃんのご家族からお手紙をいただいていました
ご紹介が遅れて申し訳ございません
以下お手紙の内容をご紹介いたします

 明けましておめでとうございます。
 佐藤さん、大変ご無沙汰しております。お年賀状ありがとうございました。
 ベルが我が家にきて一年半が過ぎようとしています。その間はあっという間にも思えますが振り返ると色々なことがありました😊
これから先もずっと一緒にいられると思うと家族みんな何とも言えない幸せな気持ちになりますね💛
 簡単にではございますが最近のベルの様子をお話しさせていただきたいと思います。 
 以前佐藤さんから「お利口さんであればどこでもいっしょに行けます♫」とお話しいただきましたよね(^^♪
私たちもどこにでも一緒に行きたいし、ベルもお出かけが大好きです。お散歩は多いと日に3回。
うっすら降り積もった初雪の夜には娘と超ダッシュして大喜びで走りました。
車に乗ってペットショップ・ホームセンターにも毎日のようにお出かけしています。
私が一人で行くときはスリングに入って歩きますがベルは心地よく静かにスリングの中から店内を見て楽しそうに過ごします。
レジでもよく「わーびっくりした!ぬいぐるみかと思った!」と驚かれます。
でも案外ペットを連れては入れるお店は少ないですね😢
もっと一日中ペットとお出かけして過ごせる場所が宮城にあればいいのに…と思います。
 家の中ではこたつにじーっと入って動かない家族を見つけては膝の上に座って気持ちよさそうに寝ています。
 クリスマスにはケーキを一緒に食べて、元旦には初日の出を見に行きました。
 今年も健康で元気いっぱいのベルと穏やかで楽しい毎日を過ごせたらと思います。
 佐藤さんご家族とワンちゃんたちのご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
 本年もよろしくお願いいたします(^v^)


beru170105a.jpg
大人になって益々可愛くなったね

beru170105b.jpg
大好きなお姉ちゃんと散歩
たくさん散歩ができて、とても幸せだね

beru170105c.jpg
初日の出かな? 今年もベルちゃんが元気で暮らしていけます様に