「森のいぬねこ病院」さんのご紹介。狂犬病予防注射など低料金で受けられます。

2014.06.11.Wed.15:31
子犬のオーナー様からご質問がありましたので、狂犬病予防注射などを低料金で受けられる動物病院をご紹介いたします。
「森のいぬねこ病院」さんで、住所は仙台市青葉区芋沢、JR仙山線陸前落合駅より車で約5分です。
ドッグカフェも併設していますので、お出かけついでに予防注射を受けてもよいのではないでしょうか

ホームページ
http://morinoinuneko.com/
料金表
http://morinoinuneko.com/price/

街のドッグカフェ「ハッピーわん」さんでも、定期的に出張予防注射をしているようです。
http://www.happy1chan.com/

「必要なものだからこそ安く」という話に感銘を受けて、勝手にご紹介していますので、詳しくは病院にお問い合せください
ご自身が利用するだけではなく、お知り合い、ご近所の方にも是非広めてください



ここからは私自身の考えですので、そのつもりで読んでください。
獣医師会に所属している病院の狂犬病予防注射の値段はどこも一律3,000円程度です。
行政が集合注射で獣医師会所属の獣医師を注射の係にすることで、実質利益を獣医師会に独占させています。
前に宮城県食と暮らしの安全推進課へ、料金を安く設定している方へこそ集合注射の係を依頼すべきではないかと質問したところ、この様な回答がありました。

飼い犬の登録と狂犬病予防注射に関しては,狂犬病予防法に基づき,市町村がその業務を実施しておりますが,県では市町村の技術的支援にあたっているものです。また,獣医療行為は自由診療であるため,予防注射料金等は,動物病院独自で設定しなければなりません。従って,行政の立場として注射料金設定に対して,妨げるような行為は関与できません。以上のことから,県としてはお考えのような事業について,ご協力できかねますので,ご了承ください。


このとぼけっぷりです
意地悪ですが、「それでは集合注射の料金は誰が設定しているのですか」と質問を返しておきました。

宮城県動物愛護管理推進計画の中で、「予防注射を実施しない理由を予防注射が義務であることを承知していないことや登録手数料や狂犬病予防注射手数料に対する抵抗のあることが要因と考え…」と意見が出ているのに、料金については特に考えていないようです。こんな計画必要あるんですかね。

これまで行政、動物愛護推進員を推薦する立場にある各保健所の所長とお話ししましたが、特定の団体の利益を守るための手伝いには熱心で、不幸な犬が産まれる根本的な原因については無関心なようです。
その様な立場を続けるなら、処分される動物を生み出し、自ら殺しているのはこの人達でしかありません。言葉はキツくなりますが、動物達の死神、殺し屋です。

法律や行政と一部団体のしがらみは簡単には変えられませんが、皆様にもできることがあります。まずは狂犬病予防注射を安く、いや、適正価格で受けてください。行政と一部団体のしがらみを断ち、きちんと動物愛護に関しての仕事をしてもらいましょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
仙台市青葉区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。