FC2ブログ

最新版:検索で【子犬】や【子猫】の価格比較

2019.10.29.Tue.18:28
oreno13.jpg

今、あなたが見ているのは、仲介サイト? 
それともブリーダー自身のオフィシャルサイト?
この投稿を読んで得した分は、是非、子犬や子猫のために使ってくださいね😉

もし仲介サイトなら…
⭐️⭐️⭐️ 掲載してある価格よりお安くお迎えできるチャンスがあります ⭐️⭐️⭐️

例えば、みんなのブリーダーですが、成約手数料(中間マージン)が、なんと、13万7,500円の子犬を確認しました!😵(19.10/25現在)
みんなのブリーダー・みんなの子猫ブリーダーは、成約があったブリーダーに、成約手数料を請求しています。
詳しくはこちら
最新版:【みんなのブリーダー】との比較広告

ですから、インターネットで気になる子犬や子猫を見つけたときは、必ず下記のキーワードで検索し、他のサイトに同じ子犬や子猫の情報が載っていないか確認しましょう!

oreno6.jpg

大事なキーワードは、以下の通りです。
第一位:「動物取扱業登録番号」
第二位:「ブリーダー名」・「犬舎・猫舎所在地」
第三位:「犬種」・「猫種」
動物取扱業登録番号は、必ずサイトに載せなくてはいけない決まりなので、検索に引っ掛かる可能性大です。
そして、動物取扱業登録番号は、唯一無二のものです。
ブリーダー名も、普通に考えれば、サイトに載っている可能性は大です。
動物取扱業登録番号、ブリーダー名、犬舎・猫舎所在地の三つで検索すれば、ほぼ確実に引っ掛かります。
ダメ押しで、犬種・猫種も入力すれば、より確実です。

oreno7.jpg
ブリーダー詳細ページは、子犬や子猫の詳細ページとは別にある場合がありますので、注意。

oreno8.jpg

俺の子犬の価格比較

仲介サイトの問い合わせボタンを「ぽちっ」とした時点で、ブリーダーは成約時に成約手数料を支払う義務が発生します。
ですから、サイトを通して問い合わせをしてしまった方は、この方法は諦めてください。
そのあとに料金を値切られても、ブリーダーが困りますので、そのまま成約手数料分を上乗せした料金をお支払いください。
一旦仲介サイトから問い合わせて、他のサイトのほうが安かったからと値切るのは、一番迷惑な行為です。絶対にやめましょう。
また、オフィシャルサイトが無いブリーダーは、ちょっと怪しいので、注意をしたほうが賢明です。
でも、紹介サイトの、ペットステーションさん、ワンさん、ナビさん、窓口さんなら、運営が良い方達ばかりなので、安心ですよ。

まとめ
仲介サイトは、中間マージン(成約手数料)があるので、直接ブリーダーから購入すれば、その分安くなるかもしれない。
ブリーダーは、複数のサイトに子犬や子猫の情報を載せている。
サイトによって、子犬や子猫の価格が違う場合がある。
全国のブリーダーの情報が載っているサイトは、「直販」と書いてあっても、仲介サイトであることが多い。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する