FC2ブログ

オーディン君、お迎えのときの話(回想)

2019.01.21.Mon.13:36
オーディン君のお迎えのときの話です
オーディン君は前回紹介した、まるめちゃんの弟で、第5子の男の子です

遠く関東から、パパとママ、お二人でお迎えに来ていただきました。
ありがたいことです
犬舎は田舎にあります…。
一度新幹線で仙台駅まで行って、東北本線に乗り換えるのが、来舎していただく一つの方法です。
乗り換えて35分ほどかかるので、中々大変なんです ※1

ベテラン飼い主のパパですが、メインでお世話するのはママということで、飼い方等、熱心に聞いていただきました。
ペット保険にも加入していただき、安心してお迎えしていただきました

odin171113.jpg
抱っこしていただいているうちに、安心してママの上着の中で寝てしまいました…。
いかにも、うちの子らしいですね
撮影はママだけになりました。私も写真が苦手なので、お気持ちはわかります

odin171112.jpg

お迎え後、三か月の月誕生日のご報告をいただきました
odin171220.jpg

お世話になっております。
オーディンが3ヶ月になったので記念に手形を取りました!
あんなに小さかったのにすくすくと元気に育ってます✨
ご報告でした!

手形、私もホッコリしてしまいした
良い記念になったね

知らない方も多いですが、頭が大きいフレンチは帝王切開での出産になります。
稀に自然分娩を試みるブリーダーもいますが、手術日を予約して帝王切開をしたほうが母犬にとっては安全です。※2
その際、若干子犬にも麻酔がかかります。
オーディン君は二番目に長く母犬のお腹にいました。
そして、一番小さかったので、看護師さんが一生懸命蘇生してくれたそうです。
その子が、こんなに立派に育ったというお知らせをいただき、とても感動しました

※1 新幹線の白石蔵王駅で降りる方法もあります。
ですが、白石蔵王駅と東北本線の白石駅が離れていて、徒歩で15分程かかります
※2 手術日は排卵日からの日数を計算して、適切な日を選びます。
排卵日は、黄体ホルモンを測定し、予想します。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する