FC2ブログ

ルーシーちゃんとティーチ君、お迎えしていただきました☆

2019.07.23.Tue.17:57
先日、4/26に産まれたフレンチブルドッグの女の子と男の子をお迎えしていただきました
先日のレオ君たちに続き、二人一緒にお迎えです
名前は、女の子が「ルーシー」ちゃん、男の子が「ティーチ」君に決まりました
漫画のワンピースが由来だそうです

前々からフレンチブルドッグを探していたそうです。
県外のお客様ですが、県内のペットショップでも探していたとか。
ネットなどで探しているうちに、犬舎のことを知っていただき、東北にフレンチのブリーダーがいることに少し驚かれていたようです。
まだまだ宣伝不足ですね
このようにして、犬舎に訪れるお客様は、皆様、目を輝かせております
ワンピース的に言えば、お客様にとっての宝島を見つけていただいたということでしょうか。なんちゃって
そうであれば、いいですね

見学のときから子犬を可愛い可愛いと言っていただきました
予定では一頭のお迎えだったので、どちらにするかとても悩まれていました。
当日はティーチ君を予約されたのですが、即日、ルーシーちゃんの方も検討したいということで、後日二頭共ご予約していただきました。

既に先住の子がいますが、熱心にしつけ方等、聞いていただきました。
ペット保険にも入っていただき、安心してお迎えしていただきました

lucy190627c.jpg
パパは、犬に囲まれて暮らすのが夢だったとか
犬好きの優しい飼い主様でよかったね

lucy190627b.jpg
ブリンドルの女の子、ルーシーちゃんだよ

teach190627a.jpg
パイドの男の子は、ティーチ君です
スポンサーサイト



レオ君、お迎えしていただきました☆

2019.07.20.Sat.17:25
先日、4/22に産まれたフレンチブルドッグの男の子二人をお迎えしていただきました
ブリンドルの子の名前は「レオ」君に決まりました かっこいい名前が決まったね
クリームの子の名前は、これから考えるそうです

当日は、遠く関東から、お迎えに来ていただきました。
本当にお疲れ様でした

クリームの子は、ちょっとしたアクシデントがありましたが、「これも個性ですから」とおっしゃっていただきました。
優しい飼い主様にお迎えされて、とても安心しております

oreo190623b.jpg
二頭一緒なら心強いね
気の知れた兄弟なら仲良く暮らしていけるかな

oreo190623a.jpg
耳はすっかりよくなったね
いいように捉えたら母犬との絆かな

reo190623a.jpg
レオ君はマイペースだったね
その調子で、お兄ちゃんを支えてね

ノアちゃん、1歳になりました☆

2019.07.09.Tue.17:49
ノアちゃんのご家族からお手紙をいただいておりました
ご紹介が遅くなりまして、申し訳ございません
元気に1歳の誕生日を迎えたそうです

以下、お手紙の内容をご紹介いたします。

ご無沙汰しております。ノアママです。
暑い日が続いておりますが、佐藤さま、そしてご家族の皆様おかわりはありませんか?
ご報告が遅くなってしまいましたが、5/21にノアが無事1歳の誕生日を迎えました(*^^*)
色々ありましたが、元気に1歳になり嬉しく思います!
現在、体重2キロと小柄ですがとても活発で、変わらず好奇心旺盛な女の子に育ちました(笑)
先住犬とも仲良く過ごしており、散歩の時は絶対に先住犬より前を歩かず1歩下がって歩いたり、時には先住犬の目を盗んで先住犬のオヤツを横からサッと取り、知らん顔して食べたりと、ビックリする事や見ていて面白い毎日です!
誕生日の時に写真を撮り忘れてしまったので、先程写真を撮ってみましたので送らせて頂きます!
外が暑すぎて少しバテていますが、、、(笑)
また改めてノアを連れてご挨拶に伺いたく存じます。
まだまだ暑い日が続きますが、どうぞご自愛くださいませ。


産まれたときに、母犬が頑張りすぎてしまいましたが、それを個性として受け入れていただき、こんなに元気に育てていただいたご家族様には、感謝しかありません

noah190527.jpg
キュートなレディー(死語でしょうか笑)に育ったね
ノアちゃんは、6/10に産まれた姉妹たちのお姉さんだよ
子犬たちも、ノアちゃんに似て、美人になるといいなぁ

コマコちゃん、お迎えしていただきました☆

2019.07.08.Mon.17:00
先日、4/22に産まれたフレンチブルドッグの女の子をお迎えしていただきました
名前は「コマコ」ちゃんに決まりました 可愛い名前を付けてもらったね

前々からフレンチブルドッグをお迎えしようと考えていたそうです。
ペットショップ等でも探していましたが、色々サイトを巡っているうちに、ブリーダーからお迎えしたいと考えていたそうです。
東北にはフレンチブルドッグの専門ブリーダーがほとんどいませんので、遠方に見学することも考えていた矢先、前から気にしていただいていた犬舎のサイトで、子犬が産まれたことを知ったそうです。
パパは、子犬を飼うにあたって、とても熱心にフレンチブルドッグのことを調べていたそうですよ。
私より詳しかったかも…、なんちゃって

お迎えするならブリンドルと、決まっていたそうです。
見学当日は、ブリンドルの男の子一頭と、女の子が二頭いました。
中々複頭数のフレンチの子犬を見ることもなかったということで、大変迷われていました。
大事なことですので、構いませんよ
迷わられている理由は、「どの子も可愛い」ということでした
私からすると、たくさん子犬がいる場合は、選択の自由があっていいと考えてしまいます。
でもお客様からすると、たくさん子犬がいると迷ってしまう…そういうお客様は多いみたいですね

初めてお迎えする子犬ということで、熱心にしつけ方等、聞いていただきました。
まずは一週間の放置期間を守っていただけるようです
ペット保険にも入っていただき、安心してお迎えしていただきました

comaco190622a.jpg
大きな舌を出して、とてもリラックスしているね
優しいパパとママで、安心したのかな

comaco190622b.jpg
もっともっと美人に育つんだよ