ラッキー君、散歩デビュー・トリミングデビューしました☆

2014.06.17.Tue.22:13
ラッキー君のご家族から、お手紙をいただきました
体重は1800gになったそうです スクスク

ワクチンプログラムも終わり、お兄ちゃんたちと念願のお散歩デビューを果たしたとのこと
梅雨の天気が続き中々散歩デビュー出来ず、今か今かと待っていたそうです。お気持ち察します
抱っこでの散歩や家の周りだけの散歩は既にしていたので、外の環境にも少し慣れていて、特別立ち止まることもなく、スムーズにお散歩出来たということです

病院の健康診断で、問題無く元気に成長していると太鼓判を頂いたそうです。こちらも安心しました

最近、念願の初トリミングをしたとのこと
初トリミングなので、最初は負担を与えないように顔周りと足とお尻のみのカットしたそうです。
ブリーダー顔負けの子犬の扱いですね 飼う前にきちんと勉強していただいているので、こちらも安心してお譲りできました

トリミング後のお迎えの時、「とてもお利口さんでした。毛量がとても多くて、毛の質もとても良いのでパピーでは珍しい程、カットし易かったです! 巻き毛もきちんとしていて、形がとても綺麗に出るので、切る方もとても助かりました」とトリマーさんからお褒めの言葉を頂き、ママは自分のことのように嬉しくなったそうです。オーナーもとても嬉しいです

お散歩デビュー
トリミング後2
スポンサーサイト

「森のいぬねこ病院」さんのご紹介。狂犬病予防注射など低料金で受けられます。

2014.06.11.Wed.15:31
子犬のオーナー様からご質問がありましたので、狂犬病予防注射などを低料金で受けられる動物病院をご紹介いたします。
「森のいぬねこ病院」さんで、住所は仙台市青葉区芋沢、JR仙山線陸前落合駅より車で約5分です。
ドッグカフェも併設していますので、お出かけついでに予防注射を受けてもよいのではないでしょうか

ホームページ
http://morinoinuneko.com/
料金表
http://morinoinuneko.com/price/

街のドッグカフェ「ハッピーわん」さんでも、定期的に出張予防注射をしているようです。
http://www.happy1chan.com/

「必要なものだからこそ安く」という話に感銘を受けて、勝手にご紹介していますので、詳しくは病院にお問い合せください
ご自身が利用するだけではなく、お知り合い、ご近所の方にも是非広めてください



ここからは私自身の考えですので、そのつもりで読んでください。
獣医師会に所属している病院の狂犬病予防注射の値段はどこも一律3,000円程度です。
行政が集合注射で獣医師会所属の獣医師を注射の係にすることで、実質利益を獣医師会に独占させています。
前に宮城県食と暮らしの安全推進課へ、料金を安く設定している方へこそ集合注射の係を依頼すべきではないかと質問したところ、この様な回答がありました。

飼い犬の登録と狂犬病予防注射に関しては,狂犬病予防法に基づき,市町村がその業務を実施しておりますが,県では市町村の技術的支援にあたっているものです。また,獣医療行為は自由診療であるため,予防注射料金等は,動物病院独自で設定しなければなりません。従って,行政の立場として注射料金設定に対して,妨げるような行為は関与できません。以上のことから,県としてはお考えのような事業について,ご協力できかねますので,ご了承ください。


このとぼけっぷりです
意地悪ですが、「それでは集合注射の料金は誰が設定しているのですか」と質問を返しておきました。

宮城県動物愛護管理推進計画の中で、「予防注射を実施しない理由を予防注射が義務であることを承知していないことや登録手数料や狂犬病予防注射手数料に対する抵抗のあることが要因と考え…」と意見が出ているのに、料金については特に考えていないようです。こんな計画必要あるんですかね。

これまで行政、動物愛護推進員を推薦する立場にある各保健所の所長とお話ししましたが、特定の団体の利益を守るための手伝いには熱心で、不幸な犬が産まれる根本的な原因については無関心なようです。
その様な立場を続けるなら、処分される動物を生み出し、自ら殺しているのはこの人達でしかありません。言葉はキツくなりますが、動物達の死神、殺し屋です。

法律や行政と一部団体のしがらみは簡単には変えられませんが、皆様にもできることがあります。まずは狂犬病予防注射を安く、いや、適正価格で受けてください。行政と一部団体のしがらみを断ち、きちんと動物愛護に関しての仕事をしてもらいましょう。

はじめまして☆茶々丸君です♪

2014.06.08.Sun.13:04
最近巣立った茶々丸君のご家族からお手紙をいただきました
茶々丸君は、以前紹介したラッキー君、グミちゃんの兄弟です
1.8kgになったそうです。大きくなりましたね

最近は、抱っこで毎日散歩の練習をしているそうです。
決まった道に入ると自分で歩きたいらしく、距離と場所を限らせて歩かせているとのこと。下に置いた瞬間に全力疾走するので、一緒になって走るママのほうが先にバテててしまうそうです
耳を風になびかせ目を細めながら走り、時折足元を回りながらジャンプしたり、とても楽しそうにしているとのことでした
散歩から帰るとママの膝の上でスヤスヤ…甘えん坊なんだね

散歩をするようになってから、ちょっとずつ表情が多くなって、前にもまして可愛くなったと、お姉ちゃんたちがメロメロになっているそうです
ちょっと犬が苦手なお兄ちゃんは、「ヤンちゃちゃまる君(笑)」が元気すぎて怖いらしく、まだ1人では触れないとのことでした。頑張ってね、お兄ちゃん
ずっと飼うことを反対していたパパは、帰ってくると「ただいま」のかわりに「茶々丸~!」と呼ぶようになり、毎日感動の対面をしているとのことでした。今では一番可愛がっているのではないかということです
素敵なファミリーに迎えていただき、改めて本当に良かったと思いました

chacha1406a.jpg
chacha1406b.jpg

宮城県動物愛護推進員について…その後

2014.06.06.Fri.13:08
だいぶ前にブログにも書きましたが、「宮城県食と暮らしの安全推進課」へ「宮城県動物愛護推進員」のメンバーを教えてくださいとお願いしたことがあります。
ですが電話・メールでは答えてもらえず、知りたければ「行政文書開示請求」をしなさいと言われました。
「え?そんなに大事(おおごと)なの」と思いながら手続きをすると、送られてきた文書には簡単に言うと公開した場合、会員の権利利害が害されるおそれがあるということが書かれていました。

???

ということで、どのような方が宮城県動物愛護推進員のメンバーなのか、一般の方は知ることができません(笑)
この様なことをするから、かえって怪しく思われるんですよね…。推進員になるには県の推薦、つまり県職員が好きにメンバーを選べる訳で、利害関係が産まれやすい方式ですから…。
立派なことをしているなら、公開してもよいのではないのでしょうか。そして身近なところに推進員がいることを宣伝し、何かあれば相談に乗ってもらえるというように、そこまでして動物愛護になるんではないでしょうかね…。

「宮城県動物愛護管理推進計画(改訂版)」に下記の様に書いていますが、これでは絵に描いた餅ですね。



1 動物愛護推進員の設置 地域の実情を把握し、動物愛護管理の諸施策を積極的に推進するリーダーとして、県は動物愛護推進員を委嘱し、地域に根ざした活動を行ってまいります。また、動物愛護推進員の活動として、災害時における動物の避難・保護等に対する協力も要請し てまいります。

2 宮城県動物愛護推進協議会による意見交換 動物愛護推進員、獣医師会、動物愛護団体、動物取扱業者、市町村及び県等関係者による愛護と管理の考え方について、合意形成に向けた意見交換を実施してまいります。



知り合いのメンバーの方に聞きましたが(知っている時点で私も意地悪なのですが…)、どちらかと言えば、推進員になってから活動を行っていく訳ではなく、どの様な活動を行っているかによって推進員に推薦するか決まるようです。実に合理的ですね
結局は既に活動を行っている方の評価を県がパク…、いや、お借りするということです。
しかも自宅へお願いに来る訳ではなく、県庁に呼び出されて手続きをするらしいです。ほんとお役所様々ですね。

gyoseibunsyo.jpg