FC2ブログ

オーディン君、お迎えのときの話(回想)

2019.01.21.Mon.13:36
オーディン君のお迎えのときの話です
オーディン君は前回紹介した、まるめちゃんの弟で、第5子の男の子です

遠く関東から、パパとママ、お二人でお迎えに来ていただきました。
ありがたいことです
犬舎は田舎にあります…。
一度新幹線で仙台駅まで行って、東北本線に乗り換えるのが、来舎していただく一つの方法です。
乗り換えて35分ほどかかるので、中々大変なんです ※1

ベテラン飼い主のパパですが、メインでお世話するのはママということで、飼い方等、熱心に聞いていただきました。
ペット保険にも加入していただき、安心してお迎えしていただきました

odin171113.jpg
抱っこしていただいているうちに、安心してママの上着の中で寝てしまいました…。
いかにも、うちの子らしいですね
撮影はママだけになりました。私も写真が苦手なので、お気持ちはわかります

odin171112.jpg

お迎え後、三か月の月誕生日のご報告をいただきました
odin171220.jpg

お世話になっております。
オーディンが3ヶ月になったので記念に手形を取りました!
あんなに小さかったのにすくすくと元気に育ってます✨
ご報告でした!

手形、私もホッコリしてしまいした
良い記念になったね

知らない方も多いですが、頭が大きいフレンチは帝王切開での出産になります。
稀に自然分娩を試みるブリーダーもいますが、手術日を予約して帝王切開をしたほうが母犬にとっては安全です。※2
その際、若干子犬にも麻酔がかかります。
オーディン君は二番目に長く母犬のお腹にいました。
そして、一番小さかったので、看護師さんが一生懸命蘇生してくれたそうです。
その子が、こんなに立派に育ったというお知らせをいただき、とても感動しました

※1 新幹線の白石蔵王駅で降りる方法もあります。
ですが、白石蔵王駅と東北本線の白石駅が離れていて、徒歩で15分程かかります
※2 手術日は排卵日からの日数を計算して、適切な日を選びます。
排卵日は、黄体ホルモンを測定し、予想します。
スポンサーサイト

まるめちゃんの近況☆ クリームのフレンチブルドッグ

2019.01.17.Thu.14:43
昨年末にフレンチブルドッグの「まるめちゃん」のご家族からお手紙をいただきました
まるめちゃんは、2017年の9月に産まれた6頭兄弟の長女です

marume181229.jpg
以下、お手紙の内容をご紹介させていただきます

ご無沙汰しております。
まるめが家族の一員になり、はや1年が経ちました。
この間、ご連絡できずに申し訳ありませんでした。
まるめも元気にしており、体重 7.8kgとなりました。
アレルギーもあり、食べ物などは苦労しておりますが、毎日たくさん散歩しております。
まるめをお迎えできて、本当によかったと思っております。
ありがとうございました。
簡単ですが、近況のご報告とさせていただきます。


更に可愛くなったね
アレルギーがあってご苦労をかけておりますが、立派に育てていただき感謝しております

お迎えに来ていただいたときの写真です。
ご紹介が遅れてすみません

marume171216.jpg
お迎えの一年以上前からお問い合わせいただいていました。
ご家族で初めてお迎えする子犬ということで、熱心に飼い方等ご質問していただいたのを覚えています

marume171215.jpg
子犬のときのまるめちゃんです
この頃から美人さんだったね!

クルミちゃん、お迎えしていただきました☆

2018.12.22.Sat.13:02
8/13に産まれたトイプードルの女の子、お迎えしていただきました
名前は「クルミ」ちゃんに決まりました
毛色に似合った可愛い名前を付けてもらったね

クルミちゃんは、北海道のブリーダーさんのところに旅立ちました。
犬舎からたくさんの子犬がブリーダーさんのところへ巣立っています。
それこそ、北は北海道から南は沖縄です。
我が家は小さい犬舎ですから、犬の血筋が途絶えることもあります。
ですから犬舎の血統の犬が他所にいるというのは、とても安心です。

今回のブリーダーさんには、以前も子犬をお迎えをしていただきました。
その子をとても気に入っていただき、今回もということでした。
その子の写真はSNSのトップにも載せていただいています

私も何となく、その気持ちがわかります。
犬舎で産まれる子は、性格や行動がある程度予想できます。
ですが、他所の子を迎えると、「そう来たか」、「そこでそう行動するか」、「ここで空気を読むんだ」と、驚かされます
そうしているうちに、気になる一頭になるんですよね

成長を気にかけていた方もいると思うので、写真を載せます
tp180813a1207a.jpg

ボサボサですが、カット仕立てです
プロの方にお譲りするなら、トリマー免許のない私がカットしなければよかったと思いました
ちょうど問い合わせも増えていて、こういうことは本当にタイミングですね

ブリーダーさんには、「前回の子はキレイにカットしてあったのが印象的でした」と、私も覚えてないことをずっと覚えていただいていました。
プレッシャーがかかります…。
旅立つ前にもう一度カット
顔は修正できるように長めに残しました

お迎え後のお忙しい中、動画を送っていただきました
物怖じせず、他の子とも遊んでいて、とても安心しました

お嬢ちゃん、お迎えしていただきました☆

2018.11.28.Wed.13:18
5/1に産まれたフレンチブルドッグの女の子、お迎えしていただきました
名前は「お嬢」ちゃんに決まりました 粋な名前を付けてもらったね
これは、今まで飼っていた犬が、みんな男の子で、まさか女の子を飼うとは思っていなかったご家族が、ぜひ女の子らしい名前ということで付けたそうです
聞いたところ、以前飼っていた子は大往生して天国へ向かったそうです。
そんなに大切に育てていただけるのであればと、こちらも是非お迎えして欲しいという気持ちでした。

初めに見学に来ていただき、途中面会にも来ていただきました。
ありがたいことです

ベテランの飼い主様ですが、熱心に、しつけ等の話を聞いていただきました。

お迎えの手続きの間、安心したのか、ずっとお嬢様の膝の上で寝ていました。
お嬢ちゃんもミヤギサクラ印の子ですね
ペット保険にも入っていただき、安心してお迎えしていただきました

ojo181121.jpg
お嬢ちゃんを中心に素敵な笑顔の華が咲きました

お迎えの後のお忙しい中、様子を教えていただきました
以下、お手紙の内容をご紹介いたします

お世話になっております。
昨日はお昼時にお邪魔したにもかかわらず、丁寧に対応していただき有難う御座いました。
お嬢は元気いっぱいで、家に着いてからハウスでジッとしていられず、直ぐに家の中を探検していました。笑
食欲も旺盛で、ウンチもオシッコもタップリとしました。
テントも気に入ってくれた様子で警戒することなく、スンナリとお昼寝してくれました。夜も夜泣きする事なく、テントの中で素晴らしいイビキをかきながら熟睡してくれました。
昨日、我が家に来たとは思えないくらい、堂々としていておおらかで、可愛くて、育ちの良いお嬢です🐶💕
これからも宜しくお願い致します。

お母様がメインに散歩をするということで、小振りなところはよいのですが、元気過ぎないか心配でした
ですが、新しい環境にもすぐ慣れて、落ち着いているということで安心しました
猫を被っているだけじゃないといいのだけれど

ojo181122.jpg
今はこんなのがあるのですね。安心して眠れそうですね


早速お庭を探検しています
私が撮るより、可愛く、実物に近く撮れています。きっと優しい笑顔でお嬢ちゃんを見ているからかな

アーサー君、お迎えしていただきました☆

2018.10.29.Mon.15:11
8/13に産まれたトイプードルの男の子、お迎えしていただきました
名前は「アーサー君」に決まりました カッコいい名前を付けてもらったね

初めに見学に来ていただき、途中面会にも来ていただきました
ありがたいことです

前にも犬を飼っていましたが、熱心にメモを取りながら、しつけ等の話を聞いていただきました。
特にママですが、アーサー君が可愛くて、「甘やかしてしまうかも」とおっしゃっていました。
ですが、他所でも褒められるような、いい子に育てますと、お約束いただきました

お迎えの手続きの間、部屋で自由にしていたのですが、ちゃんとケージに戻り、そこのトイレでオシッコができました
お利口さんアピール、大成功だね
ペット保険にも入っていただき、安心してお迎えしていただきました

arthur181014.jpg
優しいパパとママにお迎えされてよかったね

tp180813b1014a.jpg
お迎え後のお忙しい中、アーサー君の様子を教えていただきました
以下、お手紙の内容をご紹介いたします

おはようございます。
お陰さまでアーサーは元気です!
昨夜からクゥンクゥンとオギャーオギャーですが、
朝にはウンチ💩したのを教えてくれて、とってもおりこうさんです。
犬もオギャーオギャーと泣くんですね。人の赤ちゃんと一緒なんて知りませんでした!
ワンちゃんが人間の赤ちゃんに優しかったりする訳がわかりました。
お忙しいところすみませんでした。どうぞ良い1日を!

夜泣きをしたんだね。「オギャー」というのは多分あの鳴き方かなというのがありますね
arthur181015.jpg
パパの手作りサークルの中で、とてもリラックスしているね

arthur181016a.gif